<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 彼氏の有無の確認方法(基本編) | main | 求めるのではなく、捨て去る >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.03.28 Friday  | - | - | - | 

何かができることを当然だと思わない

☆☆☆役立つ大人の恋愛情報!!☆☆☆


何かができることを当然だと思わない
現代の人は、昔に較べて、多くのことができるようになりました。不可能なことを可能にするということは、人類の果てしない夢であり、基本的な欲求です。できることをする。これは、原則として、よいことには違いありません。しかし、単に「できるから、する」というだけではなく、「何のためにするのか」「本当に...

詳細はこちら!





商品名 恋愛依存症(いぞんしょう)
価格 820円

説明文 講談社+α文庫 著者:伊東明出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:347p発行年月:2006年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)なぜいつもダメ男ばかり選んでしまう?—幸せを求めながら自ら幸せを遠ざける恋愛依存症者たち。恋愛心理の第一人者が、愛の苦しみから抜け出せない人々を「共依存」「回避依存」「ロマンス依存」「セックス依存」という4つのタイプに分け、その深層心理を解き明かす。危険な恋に溺れ、愛から逃げ出し、苦しみを性愛でしか癒すことができない。そんな不幸の連鎖を断ち切り、失われた愛情を取り戻すための「回復への10のステップ」を指し示す。【目次】(「BOOK」データベースより)愛の苦しみから抜け出せない人々—序/第1章 愛という名のドラッグ—危険な愛に取り憑かれるとき/第2章 共依存—苦しい愛から抜け出せない人たち/第3章 回避依存—幸せになるのが怖い人たち/第4章 ロマンス依存—愛の刺激にはまる人たち/第5章 セックス依存—苦しみを性愛でしか癒せない人たち/第6章 やすらぎと癒しを求めて—回復への10のステップ【著者情報】(「BOOK」データベースより)伊東明(イトウアキラ)心理学者(博士)。早稲田大学政治経済学部卒業後、NTT(株)勤務を経て、慶應義塾大学大学院博士課程修了(社会心理学)。(有)東京心理コンサルティング代表取締役社長および(株)ウィル・シード顧問。特に男性・女性心理学およびビジネス心理学を専門とし、執筆やセミナーなどで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 恋愛> 恋愛

レビュー件数 3
レビュー平均 4.33
店舗名 楽天ブックス


睡眠薬
飲んでも全く効かない。 かえって元気でたくらいか? 眠れないので茶碗とか(-。-)y-゜゜゜したら洗おう。 ここんとこすさんだ生活でしたから… 職業じゃないけどあるいみ職業病。ずっとパソコンで絵を描いていたから右肩のこりがすげえ… ...

詳細はこちら!




2007.10.14 Sunday 09:29 | comments(1) | trackbacks(0) | モテ情報 | 

スポンサーサイト

2008.03.28 Friday 09:29 | - | - | - | 
アンチエイジングブログ (2007/10/25 11:13 PM)
アンチエイジングに最近はまっています。
趣味といったらいいでしょうか。